マッチングアプリにおける業者の見分け方と騙しの手口

マッチングアプリにおける業者の見分け方と騙しの手口

マッチングアプリを利用する方にとって警戒を怠ってはいけない存在の一つが「業者」です。

マッチングアプリには、素敵な異性と出会いたいと考えている行動派のユーザーが多いため、SNSやその他のインターネットにおけるサービスと比べて悪徳業者による勧誘行為が横行してしまっている現状があります。

そういった業者の存在から身を守るためにも、一般のユーザーと業者の見分け方や、業者がどのような手口でユーザーを騙そうとしているのかなどについて解説していきたいと思います。

そもそも業者の目的とは?

一言に業者と言ってもいくつかのタイプがあります。

  • ネットワークビジネスやマルチ商法などの勧誘を目的としている。
  • 「LINEが使えない」「このマッチングアプリを退会する」などと称して別の有料会員制サイトに勧誘してくる。
  • 宗教勧誘を目的としている。
  • 不動産や宝飾品など、高額な商品を販売することを目的としている。
  • 援助交際ができる相手を探している。
  • ぼったくりバーなどの実店舗の店主とグルになり、デートでその店舗に誘った上で奢らせる。

などです。

いずれも自分たちの商売の集客のためにマッチングアプリを利用しており、最初から騙す気満々で一般のユーザーへアプローチしてくるので注意が必要です。

また、同じ業者でも

  • 勧誘などで実際に会おうとしてくる業者
  • 会わずにネット上のみで完結させようとしてくる業者

2タイプが存在しています。「電話で話ができた」「実際に会ってデートできた」からと言って業者ではないとも限らないので注意が必要です。

業者の手口

目的によって手口は様々ですが、主に以下のような手口を使います。

女性無料のマッチングアプリを利用して女性ユーザーになりすます

基本的に業者は女性無料のサービスを利用します。なぜなら業者であるということが運営にバレるとアカウントが消されてしまうため、何度も作り直すことを考えると有料のサービスは利用できません。

マッチングアプリは多くが女性無料なので、業者はそれを利用して女性ユーザーになりすまします。

男性ユーザーの中にも、体目的だったり浮気目的だったりの「悪い男」は紛れていますが、業者はいません。業者は女性ユーザーに紛れています

複数の男性に同時にメッセージを送り、騙せそうな人を見つけてアプローチする

マッチングアプリの利用に慣れている人は基本的に業者に騙される事はありません。なので、マッチングアプリ初心者で使い勝手を理解していないような男性を見つけるまでひたすら大量のメッセージをばらまきます。

分かる人には分かるようないかにも業者っぽいメッセージでも、分からない人には分からないものです。

まるで釣り竿を垂らすかのように、引っかかる人を常に探しているのです。

いきなり好意があるかのように見せかけ、目的を果たすための誘導行為をする

マッチングアプリを利用している女性の多くは、少なからず男性に対して警戒心を持っています。

プロフィールをちゃんと確認して、メッセージのやり取りを通して、本当に自分の個人情報を伝えたり、会ったりしても大丈夫な人かどうかを確認するのです。

しかし、業者はそういった事をすっ飛ばしていきなり好意を示してきます

女性に好意を持たれた経験の少ない人ほど、そういった不自然な好意に対して違和感を感じる事ができず、騙されてしまうのです。

業者の見分け方

こういった業者のプロフィールやメッセージの内容等には業者ならではの特徴があります。騙されないためにも、その特徴を理解し、警戒を強めてマッチングアプリを利用していきましょう。

積極的に惚れさせようとしてくる

やたら褒めてきたり、好意があるような事を言ってきたりなど、まだ関係が浅いうちから積極的に惚れさせようとしてくる女性には注意が必要です。

業者は、一見不自然な勧誘等を行ったとしても、男性が惚れてさえくれれば勧誘が成功するという事をよく理解しています。

一般的にマッチングアプリというのは男性の方がモチベーションが高く、女性優位な市場です。

女性の方から積極的にアプローチしてくるという事はかなり稀なので、もしそういった事があったら警戒すべきです。

お金を持っていそうな派手な写真をプロフィールに設定している

ネットワークビジネスやマルチ商法などの勧誘にありがちな事です。自分がビジネスで成功していて、華やかな生活をしている事をプロフィール写真等でアピールしてきます。

男性がその女性に対して「羨ましい」という気持ちを持たせ、それを入り口に勧誘を始めてくる事があります。

普段は貧しい生活をしているのに、たまたま行った旅行の写真をプロフィールに設定しているだけというパターンがほとんどなので、騙されないようにしましょう。

職業や収入に関する質問をしてくる

ビジネス勧誘系の業者であれば、収入が少なく生活に困窮している男性を狙ってくるでしょう。

ブラック企業に勤めていて退職を考えているとか、アルバイト生活を続けていて収入が少ないなどの話を聞き出し、そこから「こういう儲け方もあるけど興味ある?」なんていう誘い方をしてくるパターンです。

逆に、大企業勤めで役職に就いているとか、医師や弁護士のような高収入の専門職であるという話に食いついてくるのはデート商法系の業者です。

積極的に関係を深めようとしてきた矢先に、不動産などの投資話を持ち掛けてきたり、宝飾品を売りつけてきたりする場合があります。

また、業者とは違いますが、高収入の男性には何かを奢ってもらったりする事を目的としているパパ活女子からも狙われやすいので注意です。

マッチングアプリ以外で連絡を取ろうとしてくる

せっかくマッチングアプリ内にメッセージ機能があるのに、それ以外の手段で連絡を取ろうとしてくる人には注意が必要です。

  • 詐欺サイトのURLを送りたい
  • 援助交際を持ち掛けたい

など、マッチングアプリ内でやりとりしてしまうとアカウントを停止させられてしまうため、それを回避する目的であることが多いです。

第三者に会わせようとしてくる

「こんな素敵な人がいるんだけど、良かったら今度会ってみない?」といった形の誘い方をしてくる相手には要警戒です。

誰か親玉的な人がいて、その人から勧誘を任されているというパターンがかなり多いです。

デートの約束をする際、女性の方から無名なお店を提示してきた場合も要注意です。その店のオーナーとグルでぼったくろうとしているパターンもあります。

最初のデートはお互いに知っているような有名チェーン店などを利用するのが安心です。

きちんと警戒さえしていれば、業者には対処できる

業者の側に立って考えてみても、一人ひとりに対してじっくり時間をかけて騙そうとした結果、最終的に騙せなかったといった事になっては時間の無駄なはずです。

そのため、業者もある程度適当に数撃ちゃ当たる戦法で数重視の騙しを行おうとします。

そのため何かしらの不審な行動を取ってしまうことになるので、きちんと警戒して接していれば業者だという事は分かるはずです。

どうしても業者が心配だという方は、

  • youbrideやブライダルネット等の男女同額婚活サイト
  • イヴイヴのような完全審査制のマッチングアプリ

など、業者が好き勝手できないようなサービスを選ぶのがオススメです。

業者カテゴリの最新記事